アマン東京のイタリアンレストラン・Arva(アルヴァ)でのディナー

レストラン

アマン東京に宿泊した際の食事に伺いました。宿泊記は↓

アマン東京内で夕食の選択肢は4つ。インルームダイニング、オールデイダイニングのカフェラウンジ、お寿司の武蔵、そしてイタリアンレストランのアルヴァ。今回はアルヴァをチョイスしました。

前日はフォーシーズンズ東京大手町のフレンチレストラン、estで食事をしたばかりなので何も翌日イタリアンなんて・・という気も。正直、お寿司という選択肢に魅力を感じたのですが、今回はアルヴァに決めました。というのも、上海のアマンヤンユンのアルヴァがとても気に入ったため、東京のお店にも一度来てみたかったのです。

チェックイン時には賑やかだったロビーも、夜になるととても静か。

Vie di Romans Chardonnay 2016 / 口に含むと、とても香りがいいです。しっかりとした厚みがあり、そして苦味も感じさせる好みの味。食事にも期待が膨らみます。

アンティパスト。

アミューズ。ごぼうのスープだったかな。秋っぽいみためで可愛いです。

北海道産ホタテのカルパッチョ。ピンクグレープフルーツやフェンネルが使用されていて洒落てます。

なんて事のないオリーブオイル(失礼!)も、アマンボトルになるだけで洗練された印象に。

ポルチーニのフリットにトリュフ、そしてスフォルマート。一緒に食べるとめちゃくちゃうまい。

追加料金で雲丹のパスタ。絶品です。雲丹が甘いのなんの。

甘鯛の鱗をパリパリにしたものだっけな?食感が良いです。

短角牛と有機野菜。

バジルのソルベ。ジェラート屋で並んでいたとしても自分では絶対に選ばないですが、食べてみるとあら不思議、美味しいです。ここまでの食事をリセットしてくれるような爽やかさ(そんなわけないけど)。

ナッツの乗ったお菓子をみると、脳内でヴァクラヴァ認定してしまいます。

おいものケーキとアイスクリーム。

前日のフレンチ、estと比べるとデザート含め全体的に軽めな印象です。これがちょうど良いので、フレンチが重すぎるということですよね。いや、美味しいので不満があるわけではないのですが。

食後はあたたかいラテで一息。

外出せず、ホテル内で完結するのは贅沢ですね。食後はすぐにお部屋に戻り、最高の夜景を眺めながらシャンパンを頂き、泥のように寝ました!

アルヴァは総じて満足でした。金曜日の夜という事で人の入りはそれなり?であったものの、スタッフの数が足りていない印象・・。おそらくソムリエの男性もサーバーとしてずっと忙しく動き回っており、気の毒になりました。そんな状況だと不手際の一つや二つくらいあってもいいですが、そんなこともなく、笑顔の接客をしていただけました。

アマンヤンユンで上がった期待値を持っての訪問でしたが、やはりアルヴァ、満足できるお食事となりました。またのチャンスにお伺いしたいです。