パレスホテルの中国飯店 琥珀宮(Amber Palace)で絶品本格中華に舌鼓

レストラン

パレスホテルに宿泊した時の夕食に訪れました。2泊したのですが、チェックインしたその日に予約を入れようとすると満席。それはそう、琥珀宮は中華飯店グループの一つで、ミシュランガイド東京でも一つ星を取得している有名店。その日は諦め、翌日の予約を入れ、なんとかありつくことができました。

お店は大手町のパレスホテル内、5階にあります。ペニンシュラのヘイフンテラスもそうですが、高級ホテルの中の中華料理は、お店に入る前から食事が始まるような気がして、ワクワク。

お店に入ってまず頼んだのはビールでした。ビールはなんとも綺麗なアンバーの色。併せて食事もオーダー。2名で伺ったので、それぞれ別々のお皿に分けて提供していただきました。席は窓際、眺めがよくお庭が見られます。

前菜。皮付き豚のロースト。それと、細切白菜のピリ辛酢。

ハタの広東式蒸し。何気に今回の1番のヒットかも。

ニラと海老の餃子。点心だーいすき。

北京ダック。美味しくないわけがない。このままかじりつきたいくらいです!

巻かれたものがやってきました。・・・・美味い!サクサクパリパリとした食感は他で食べる北京ダックとは別物です。絶品。

小籠包。小籠包自体美味しいので、高級店で食べても安いお店で食べてもそう感想に違いがないお料理かもしれません。

アナゴと茄子の山椒香。中華料理にきたら山椒揚げを食べたくなるんだよねえ。

海老味噌風味チャーハン。ブレブレですね。。このタイミングのチャーハンは最高です。

フカヒレスープ。立派なフカヒレが入っており、ぷりっぷりです。

美味しい中華を腹一杯食べてご機嫌になり、いい気分でパレスホテルのお部屋に帰りました。お店からすると当たり前かもしれませんが、お料理もスタッフもレベルが高いです。記念日の食事やビジネスの接待まで、どんな食事でもぴったりだなと思える、素敵なお店でした。

よろしければ同じくパレスホテル内の和田倉の記事、パレスホテルの宿泊記もご覧ください。