森のグランオーベルジュ「ル・グラン・リス」でのフレンチディナー

レストラン

軽井沢のひらまつのレストランは2箇所。5階のオールデイダイニングと、1階のメインダイニング。そのほかインルームでも食事はできますが、メニューは多くありません。

今回の滞在では、1階のメインダイニング「ル・グラン・リス」で食事を取ることにしました。メインダイニングは10歳以上の利用に限られていて、落ち着いた大人の空間。オフシーズンを除いては、基本的には宿泊客だけに利用が限定されているそうです。

エントランス・ロビーのあるフロアが2階なため、1階分降りた場所にレストランはあります。予約していた時間に到着すると、入り口前でスタッフ3名が出迎えてくれました。

落ち着きがあり、広々とした空間のレストランは先客が2組。想像以上に広い空間なので、ゲストでごった返すことはなさそう。窓際のいい席に案内してもらいました。

飲み物はペアリングをチョイス。それとは別に、アペリティフとして定番のひらまつ、ドゥラモット。日が落ちる前のお酒はなにより美味しい。

アミューズはとうもろこしのスープに、クラゲトッピング。

クロ・デ・リュンヌ キュヴェ・リュンヌ・ダルジャン 2015

柑橘系で華やか。

続いて「よせ豆腐 うに ポートワイン」

発地の白ほたる豆腐店のよせ豆腐に、北海道産のうに、それにシブレットオイルとポートワインを合わせたもの。白ほたる豆腐店は無農薬・無化学肥料で大豆づくりから行っているこだわり。日本的な素材ですが、完全にフレンチのようです。

澤の花 ささら 超辛口純米吟醸

一口目にキレのある辛口です。舌の奥にほのかな米の香りと甘味が残る感じ。地元、佐久の「伴野酒造」さんのお酒だそう。

「鮎 冬瓜 佐久古太きゅうり」

まるで川をのぼっているような躍動感の一皿、は天竜川で獲れた新鮮な稚鮎をフリットに。

稚鮎ということもあり、全く骨も気になりません。川魚はそれほど好きではありませんが、苦味とともに美味しくいただけました。

神津牧場のバター。綺麗な円形。目を引きます!

ドメーヌ・ジョルジュ・ヴエルネ コンドリュー レ・シャイエ ド・ランフェール

少々重めながらも繊細さがあり香りがいい。

「コンソメロワイヤル 山伏茸 トリュフ」

プレートが運ばれてきた後、コンソメスープをかけてもらい完成。洋風の茶碗蒸しでしょうか、知りませんでしたが、ひらまつのお家芸ともいえるお料理とのこと。キノコの香りに存在感がありますが、卵と出汁がメインです。とはいえ、ヤマブシタケが美味しいのなんの。

Joseph Faiveley Chassagne Montrache 1er Cru Morgeot

ジョセフ・フェヴレイ シャサーニュ・モンラッシェ プルミエ・クリュ モルジョ

これはかなりお魚にあう!まったり系。

「鱸 ズッキーニ  シャンプノワーズ」

低音でゆっくり調理されている鱸に、シャンパンを煮詰めたソースにキャビア。しっとりとした食感が印象的です。

Côte Rôtie Blonde du Seigneur 2010 Georges Vernay

コート・ロティ ブロンド・デュ・セニュール 2010 ジョルジュ・ヴェルネイ

こっちはしっかり鴨肉にあう!

「鴨 ヤングコーン 大徳寺納豆」

シャラン産の鴨のローストは赤ワインに大徳寺納豆を混ぜたソースで。付け合わせは地元産紫にんじんのグラッセとヤングコーン。

ここで食事はフィニッシュ。

お好みでチーズの提案も。一部輸入されたものもありますが、ほとんどが地元のものです。

2人でシェアするかたちで、1人分頂きました。どれもクセの強く美味しい。

相方はカルバドスを飲んでいましたが、自分はもう酔いがしっかりとまわり・・お水。

「バジル」

「桃 ヴェルヴェンヌ」

「小菓子」

前評判は賛否両論ですが、なんとなくイマイチなものが多いような気がしていました。が、個人的には満足のいく食事でした。

感動したかと言われるとそうではないですし、これといって強い個性を感じたわけでもありません。しかしながら、地元とそれ以外の食材のバランスがとてもちょうど良く、すっと体に馴染むのです。

翌朝の朝食もそうですが、どこか健康的で体に負担がない軽やさ。ひらまつ軽井沢の狙いはそこにあるのじゃないでしょうか。たぶん。いまいちと思った方は、そのあたりで求めるものとのギャップを感じたのかもしれません。

コース料理を食べた翌朝は胃が疲れていることが多いですが(まだ30そこそこなのに・・お酒の飲み過ぎもあるでしょうが)、そんなこともなく滞在を楽しむことができました。

よろしければ滞在記もご覧ください。

スポンサーリンク